茶布について

ストーリーはこちら

それぞれの道を辿り囍茶さんの教室や茶会で飲まれた、愛おしい茶葉たち。
お茶を淹れたあとの葉には、まだまだ力が残っています。
織をはじめていた私に「染めて布にしてほしい」と声をかけてくれたのが、茶布のはじまりです。

茶葉を育てつくるひと、お茶を淹れるひと、楽しむひと。
つづく茶葉のものがたり。